諦めるな!PPCアフィリエイト

アフィリエイト

PPCアフィリエイトは終わったのか?

諦めるな!PPCアフィリエイト インターネット広告で集客して商品サイトへ誘導するPPCアフィリエイト。 このPPCアフィリエイトで稼いでるアフィリエイターのほとんどがYahoo!が運営するヤフープロモーション広告で広告配信していました。しかし、改定により、Yahoo!では今後アフィリエイトサイトもしくはそれに類似するサイトは広告ができなくなりました。PPCアフィリエイターにとっては廃業が迫られている大ピンチです。 確かに、検索連動型広告(リスティング広告)はYahoo!、Googleで国内の検索シェアのほとんどを占めているため、これ以外での広告出稿は考えられません。しかし、ディスプレイ広告なら他にもまだまだあります。Yahoo!、Google以外のディスプレイ広告をまとめました。ちなみにアフィリエイトが可能かどうかまでは確認しておりません。

1.LINEアドプラットフォーム

LINEが運営する広告です。配信先は主にタイムライン面、LINEニュースなどです。 表示課金(CPM)クリック課金(CPC)のほかCPF(友達追加で課金)など様々な課金体系があります。

2.nend

ASP(アフィリエイトサービスパートナー)で有名なA8ネットを運営するファンコミュケーションの広告です。 スマートフォンアプリ(特にゲームカテゴリ)に強い広告です。

3.imobile

imobileはアイモバイル社が運営する日本最大のネットワークを持つ広告です。親会社はサイバーエージェントです。

4.ロジカド

ロジカドはSONY系列のソネットメディアワークスが運営するDSP広告です。DSP広告はターゲットに合わせて瞬時にAIが広告枠を買い付け、配信するディスプレイ広告です。地域、年齢、性別のほかSONYのTVに紐付けたセグメント配信が可能です。

5.BLADE

ソフトバンクとサイバーエージェントが出資する「マイクロアド」が運営するDSP広告です。GPSを使った位置情報をもとに広告を配信するジオターゲティングやTSUTAYAのTカード情報、楽天の購買履歴の情報などに紐付けたターゲティングが可能です。ほかにCONPASSなどが有名です。

ほかにも楽天の広告、ソフトバンクの広告などさまざま広告枠があります。どの広告もクリック課金型や1000回表示に対しての表示課金などになります。(オークション制) また、ディスプレイ広告の大きな特徴は地域、年齢、性別、趣味などを絞り込んで配信が可能なところです。最近では、GPSを元に位置情報から配信する広告サービスもあります。 検索連動型広告(リスティング広告)と比べると成約率は悪いですが、クリック単価は安いです。 ディスプレイ広告もうまく運用すれば高い費用対効果を得られるかも? 今回のヤフープロモーション広告改定に絶望することなく、今後の対策を立てていきましょう。

iQiPlus
タイトルとURLをコピーしました