初心者向けのFXノウハウ:レバレッジの扱い

未分類

FXはレバレッジをきかせることができるのが大きなメリットであり、リスクでもあります。特に初心者はこの扱いをよく理解していないと、大きな損失を出してしまう恐れがあるので注意をしましょう。


一般的にレバレッジはあまりかけすぎると危険とされていますが、必ずしもそれだけで危険というわけではありません。


例えば4万円の資金で25倍のレバレッジをかけて100万円分のポジションを持ったとしても、通常であれば4万円を割る前に強制決済をされることになりますから、相場の急変動がなければ損失は4万円程度で済むことになります。
それに対して40万円の資金で400万円分のポジションを持てばレバレッジは10倍と前者の半分以下ではありますが、わずか1パーセントの変動で4万円の損益になるわけですから、必ずしもレバレッジが大きければリスクが大きくなるというわけではなく、元の資金との兼ね合いがあるということを理解する必要があります。

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド通信!さらにキャッシュバック34,000円

一番リスクが高いのが400万円の資金がある人が、25倍のレバレッジを目一杯にきかせて1億円分のポジションを持つ場合であり、このようなやり方は利益が出る方に動けばよいのですが、反対方向に動くとあっという間に資金を溶かしてしまうことになります。


更に資産の大半を注ぎ込んでいる場合に、相場の急変動がおこって強制決済が間に合わなかったときには、多額の借金を背負ってしまうこともありますから、レバレッジが危険というのはこのような状態を指すということを覚えておくようにしましょう。
初心者がレバレッジを考えるときには単純に倍率が高いから危険、低いから安全と考えるのではなく自分の保有する資産と比較をしてリスクが高いか低いかを考えることが大切です。

iQiPlus
未分類
副業・お小遣い稼ぎの情報 ゆる〜く稼ごう
タイトルとURLをコピーしました