ドローンがあれば何かと稼げる?

その他の副業

ドローンとは無人航空機の総称らしいですが、ふつう思い浮かべるのは 4つのプロペラで飛ぶ物体だと思います。このドローンここ数年では一気に普及しました。ドローンが有名になったきっかけは何と言っても2015年に起きた「首相官邸無人機落下事件」を皮切りにした様々な事件でした。それから4年経ち価格も下がり庶民でも購入できるようになりました。

このドローンは様々な産業で改革をもたらしました。今回はドローンを使って稼ぐ方法をご紹介します。

ドローンで稼ぐ方法1.撮影

一番打撃を受けたのは航空写真の業界だと思われます。上空からの撮影はそれまでプロペラ機での撮影が一般的でした。一回の撮影で何十万円とかかってましたので、学校や行政関係、儲かってる地方のワンマン社長くらいしか発注できませんでした。しかしドローンの登場で誰でも撮影できるようになりました。スマホと連携した操作で動画も静止画も簡単に撮影できます。写真は一回の撮影で大体2万円〜のようです。

ドローンで稼ぐ方法2.農薬散布

まだラジコンヘリによる農薬散布が主流のようですが、実働は夏場がくらいで年間に500万円以上稼ぐ人もいるようです。農薬散布で稼ぐには農林水産航空協会から機体の認定、技能の認定、事業計画などのハードルがあります。

ドローンで稼ぐ方法3.YouTuber

空からの映像というのはぼーっとして見るのに丁度いいので、YouTubeに向いています。人では入り込めない場所、ドローンでしか見れない絶景などの動画はファンがつきやすいです。また、YouTuberの条件である再生時間が稼げるジャンルです。

このほか、監視、測量や今後は配達もできるようになるみたいです。ドローンで稼ぐ方法はほかにもどんどん出てくると思います。民間資格ですが「ドローン検定」なるものもありますのでとっておいて損はないでしょう。こういった新しいビジネスは何かと先行者が有利です。興味があったら是非!

iQiPlus
タイトルとURLをコピーしました