転売:中国では高額で売れるものリスト

転売
中国は富裕層の数も半端ない。

今や日本を抜いて世界第2位の経済大国となった中国。現在の中国は人口14億人弱で富裕層はそのうちの361万人と言われています。規模的に例えると横浜市の全員が富裕層というイメージになります。

爆買いから質の良い高額な商品へ

中国といえば以前は「爆買い」が有名でしたが、最近は日本の良質な商品がよく売れる傾向にあります。そんな中国で高額で売れるものをまとめました。

1.ブランド品

以前、Supreme(シュプリーム)渋谷店前で、中国人の男性数人と警備員の乱闘騒ぎがあり、動画で拡散され話題になりました。これは中国人転売ヤーがSupremeとNIKEのコラボ商品を仕入れるために不正を行ったことで指摘した警備員と起きた乱闘事件です。それくらい話題のブランド商品などは高額で転売できるようです。他にも有名な海外ブランドのバッグなど以前は海外で安かったものが、日本の方が安くていいものが買えるようで中国で人気です。

2.お酒

巷でお酒の買い取り業者さんがいますが、転売先はほぼ中国です。それくらい中国では高級なウィスキーやブランデーが高く売れます。ワインや日本酒は保存の仕方によっては劣化するので転売には向いてないようです。 (ちなみにお酒の販売には転売でも免許が必要です。)

3.日本人作家の器

中国の富裕層では現代の日本人作家のお皿などの陶器が人気です。日本では無名でも中国では有名な作家さんなども多くいます。 逆に伝統ある日本の焼き物はそこまで人気がないようです。

4.アニメ、ゆるキャラグッズ

中国でも日本のアニメは大人気です。 ドラえもん、ドラゴンボール、ワンピースほかジブリなんかも大人気です。当然関連するフィギアやグッズも高額で売れるようです。また、くまモンなどのゆるキャラも中国では人気のようです。

5.化粧品

日本の化粧品は中国では大人気です。いまだにドラッグストアの化粧品売り場は中国人に人気です。かなりの高額で転売できるようです。

6.家電

中国転売の王道ですが、最近は中国の方が安くて質のいい家電が多くなり、需要が以前ほどではありません。しかし炊飯器などは中国にはないようなので人気です。

中国に向けて転売するには?

王道はアリババなどの中国のECで販売することですが、言葉の壁・配送の壁・決済の壁とさまざまな壁があります。中国人バイヤーは常に日本のインスタグラムなどのSNS,ヤフオクやメルカリなどをチェックしています。多くは写真で検索していますので、中国人バイヤーを意識して情報発信すると良いでしょう。一度取引のパイプができるとその後は直接依頼がきます。

中国だけに依存しても危険

中国経済も先行きが怪しくなってきました。グローバル化で富裕層はいろいろな国で出てきています。中国だけでなくどの国でも転売できるようになると最強です。

iQiPlus
転売
副業・お小遣い稼ぎの情報 ゆる〜く稼ごう
タイトルとURLをコピーしました