人手不足で転職チャンス到来!

転職はスキルアップ

副業ブームの世の中、自分の稼ぎは自分で作ることの重要性が重視される時代になりました。確かに今後は個の時代になり会社という存在は必要なくなるかもしれません。しかし、何のスキルもなくいきなり副業で稼ぐのは時間と労力、お金がかかるだけで1円も稼げないまま終わってしまう場合が多いです。人手不足のこの期間に転職し自分のスキルを上げるのもアリかと思います。

自分に合った仕事に就く

現状の職に自分は合っていない、転職したいという場合には事前準備から始めるといいでしょう。いきなり仕事を辞めて何の用意もせずに次の仕事を探すというのは、リスクが高くなってしまう点からも、きちんと準備をすることや手順を踏むということも大切です。

転職の手順

基本的に、転職をするという場合には、スケジュールを立ててみましょう。

無計画に行動するよりも明確なスケジュールがあるほうが行動しやすくなります。また、どのような仕事をしたいのかいろいろと情報収集をするということも必要です。求人情報などもこまめにチェックしてみるといいでしょう。

やりたい仕事や職種が決まったら、書類の作成です。きちんとした書類を作成し応募する、その後面接を受けることになります。志望動機なども大切ですが、転職理由なども面接前にしっかりと自分の中で答えられるように準備しておくということも必要です。志望動機や転職理由などに関してあいまいな回答しかできないというのでは、面接時にマイナスイメージを持たれてしまいます。相手に理解される回答を準備しておきましょう。

内定が出た場合には、退職手続きや引継ぎなどの準備をすることも大切です。今までお世話になった会社に対して自分が抜けた後の負担をできるだけ軽減できるように、退職手続きや引継ぎなどきちんと行うようにしましょう。

転職に関して新しい仕事を探すということは、それなりに大変です。ですが、手順を踏む、最初の段階でスケジュールを組んでおくことで、混乱を招かずにすみます。自身の生活に関して、そして仕事に対して何を求めているかなど一度よく考えてみること、それに合わせて新しい仕事や職種を選らんでみるといいでしょう。

円満に退職するには

転職すべく現在勤めている会社を円満退職するためには、自分自身の意志が揺らぐ事なく固まっている事を今一度確認する必要があります。

意志が強固なものではなく理由も曖昧なものである場合には、会社から引き止められてしまうと気持ちが揺らいでしまい、双方にとってより良い状態で退職できなくなってしまうためです。

そのため、引き止められても気持ちが揺らがないようにしつつ、会社側にも納得して頂けるように予め転職先を決定してから逆算し退職に向けて動き出すと円滑です。既に転職先が決まっていると、つい新天地で活躍する事に注視してしまいがちになりますが、円満退職のためにはこれまでお世話になった会社側に失礼が無いように振る舞わなければならず、特に注意すべきなのは初めて退職について話を切り出す相手の選び方についてです。

最初にお話する相手が上司を飛び越えて社長もしくは部長になってしまうと、直属上司の管理能力が問われてしまいます。

最後にお世話になった直属上司に迷惑をかける事が無いよう最初は直属上司に対してお話をするようにし、開口一番で退職の旨を口にするのではなくあくまでも相談があると言ってからアポイントメントを取り本題に入りましょう。

上司から了解が得られたら上司は社長や部長などと後任や時期について話し合い、話し合いが纏まった段階で他の社員達に向けて正式に広報されます。

同僚達はもちろん、顧客への影響や混乱を生じさせないために親密な仲の仲間であっても周囲には口にしない方が良く、企業側から正式に広報されるまで待ちましょう。

また、企業にとって離したくない社員である場合には雇用条件の見直しや有耶無耶にして先延ばしがされてしまうという事も稀有ではないですが、退職というのは法律で認められた権利なのでお世話になった事へ感謝しつつ、淡々と退職に向けて動く姿勢も大切です。

転職の挨拶はどこまで

長年お世話になった会社を転職するときには、きちんと周りの人に挨拶をして気持ちよく退職したいものです。挨拶の仕方には直接会う方法や電話、メールなどいろいろとありますが、相手に失礼の無いようにしなければなりません。

まず、社内の場合は会社の規模にもよりますが、できる限り関わりのあった全ての人にすることが基本です。ただ、大企業で同じフロアに100人200人いる場合はそれは不可能ですので、特に関わりのあった人を厳選して、部署ごとにお菓子などを持って挨拶するようにしましょう。

小規模の会社の場合は、基本的にお世話になった偉い人から順に挨拶することがルールです。ただ、そこは臨機応変にすることが必要で、社長や取締役などから始めて、肝心の自分のいた部署に戻ったら全員仕事が終わって退社してしまったなんてことが無いようにしなければなりません。偉い人が不在であった場合にはメールで済ませればいいですが、複数人に送る場合はメールの宛名は連名にしないで、ひとりひとりに送ることが大切です。

なお、地方支店など離れた場所にいる同僚にもメールで挨拶を済ませて良いでしょう。一方、社外の取引先についてですが、自分の後任と一緒に挨拶回りを既に済ませている場合は、最終日であっても改めて出向く必要はありません。親しさにもよりますが、メールや電話などで軽く済ませるか、もしくは全く連絡しなくても問題ないと考えて良いでしょう。社内・社外を含めてメールを送る場合は、最終日の13時ころを目安に送ることが基本です。直接会って挨拶する場合は社内の人数や対象人数によって違いますが、退社時間の2時間くらい前に偉い人から始めて、最後は所属している部署に挨拶するようにしましょう。

転職期間の目安は?

転職の活動期間はその人のアクションなどによって大きく変わります。活動期間が延びればそれだけ稼ぎが減ってしまうので、ほとんどの人は最初の1ヶ月、長くても1ヵ月半で決める人がほとんどです。

なので活動期間もそのあたりが一般的ですが、あくまでもこれは辞めてからの話です。別の会社への転職を検討し始めた時期も活動期間に組み込むということになればこの期間は半年、1年以上になったとしても不思議ではありません。それだけ転職には時間がかかるということもであり、気をつけるべきことは色々とあります。

これらの期間は何を志望するかなどで大きく変わります。業界によっては中途採用枠が出やすい時期というものがだいたい決まっており、その時期に募集をかけるケースがあります。そこに合わせて準備を進めるような形になるのが一般的です。また自分自身をどのような評価にしているかもポイントです。もし時間がかかりそうだとなれば失業して長引いてもいいように貯金をする必要があります。この貯金をしている期間も活動期間に入れるという考え方はでき、そうなれば計画的なものが問われます。

転職のタイミングは?

そう簡単に職場を辞めるわけにはいかず、この時期に辞めたら会社が回らないという時期に辞めることは色々と避けたいところです。本来は好きなタイミングで辞められるものですが、世間一般の常識を考えれば非常識と言われても仕方ありません。これらの要素によって活動期間は大きく変わります。同時にそれは転職に対する覚悟を深める期間でもあり、このあたりは万全の準備が必要です。この期間にやるべきことを決め、転職に向けた努力を重ねればそれが成就した際に心置きなく働けることができるはずです。

自分の人生は自分で決める

長く勤めることが美徳とされる日本では、転職にネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれません。家族から理解を得るのは大変でしょう。

しかし現代は、終身雇用の制度は崩壊し、実力社会にあります。同じことを長くやってもなかなかスキルアップにはつながりにくいです。

転職でさらなる自分磨きをすること、そしてそれに見合う報酬をもらうことは当然の事なのです。

一度きりの人生、今の会社に捧げますか?自分の人生を歩みますか?

iQiPlus

YouTubeの規約変更について

ローカルガイドから学ぶSEO

関連記事

  1. テレワーク効率化!最強のGoogleビジネスツール

    在宅ビジネスは今後急加速する!新型コロナウィルスの影響で企業のテレワーク化が進んでいます。…

  2. 警告!過激動画はデメリットしかない

    警告!過激動画はデメリットしかない近年、問題になっているバカッターを始めとした過激動画の投稿。身内…

  3. バウンティハンター?賞金稼ぎの副業

    実は日本にもさまざまな、賞金・懸賞金があります。…

  4. 初心者向けのFXノウハウ:レバレッジの扱い

    FXはレバレッジをきかせることができるのが大きなメリットであり、リスクでもあります。特に初心者はこ…

  5. 100万円以上も?サイト・ドメインの売買で稼げる?

    サイトの販売金額はピンキリで数万円から数千万円までになります…

  6. 持っておくと超有利!簡単に取れる資格

    勉強不要で資格取得肩書きに弱い日本人日本人は肩書や社会的地位、学歴などを大変重要視…

  7. 副業したい!と思って数年経った…

    副業や投資、誰でもお金は稼ぎたいはず。しかし実際はいつかそのうち・・・でなにもやらない人がほとんどで…

  8. もしもドロップシッピング終了

    もしもドロップシッピングがサービス終了... ドロップシッピングでは国内最大級の「もしもド…

PAGE TOP